育児休業等支援コースなど、仕事と家庭の両立支援に取り組んだ場合に助成されます。

介護または保育事業主が労働者の職場への定着の促進に資する賃金制度の整備を通じて、介護労働者や保育労働者の離職率の低下に取り組んだ場合に助成対象となります。