キャリアアップ助成金(人材育成コース)

キャリアアップ助成金とは?

有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者といったいわゆる非正規雇用の労働者の企業内でのキャリアアップ等を促進するため、これらの取組を実施した事業主に対して助成をするものです。

本助成金は次の3つのコースに分けられます。

1.有期契約労働者等の正規雇用労働者・多様な正社員等への転換等を助成する「正社員化コース」
2.有期契約労働者等に対する職業訓練を助成する「人材育成コース」
3.有期契約労働者等の賃金規定等の改定、健康診断制度の導入、賃金規定等の共通化、週所定労働時間を延長し、社会保険加入ができるようにすることを助成する「処遇改善コース」

人材育成コースの助成額

Off-JT分の支給額    (   )内は大企業の額
・賃⾦助成・・・1⼈1時間当たり760円475円)
・生産性の向上が認められる場合の賃金助成・・・1人1時間当たり 960円(600円)
・経費助成・・・1人当たりOff-JTの訓練時間数に応じた下表の額
(事業主が負担した実費が上限額を下回る場合は実費を限度)

訓練時間数
経費助成額
100時間未満
10万円
(7万円)
100時間以上
200時間未満
20万円
(15万円)
200時間以上
30万円
(20万円)

生産性要件とは?

労働関係助成金は、助成金を申請する事業所が、次の方法で計算した「生産性要件」を満たしている場合に、助成の割増を行われます。
(1)助成金の支給申請を行う直近の会計年度における「生産性」が、その3年前に比べて6%以上伸びていること
(2)「生産性」は次の計算式によって計算します。
生産性=(営業利益+人件費+減価償却費+動産・不動産賃借料+租税公課)÷雇用保険被保険者数

※なお、「生産性要件」の算定の対象となった期間中に、事業主都合による離職者を発生させていないことが必要です。

●具体的な計算方法はこちら
●生産性要件算定シートはこちら