セルフ・キャリアドック制度の導入

導入にあたり当社が丁寧にサポートいたします!

・担当者が直接ご訪問し、制度、申請書類などについて、分かりやすくご説明しサポートいたします。
・当社の専属キャリアコンサルタントを派遣いたします。
・当社は研修も行っております。人材育成についてもご相談ください。

助成金の対象となるセルフ・キャリアドック制度とは?

労働者に、ジョブ・カード(※)を活用したキャリアコンサルタントによるキャリアコンサルティングを、定期的(労働者の年齢・就業年齢・就業年数・役職等の節目)に提供する制度です。

※制度を、就業規則または労働協約に規定する必要があります。

※ジョブカード
個人のキャリアアップや、多様な人材の円滑な就職等を促進することを目的として、ジョブ・カードを「生涯を通じたキャリア・プランニング」及び「職業能力証明」のツールとして、キャリアコンサルティング等の個人への相談支援のもと、職業能力開発などの各場面において活用するものです。

導入する主なメリット

1.労働者の仕事に対する主体性を向上させることができます。
・労働者が自らキャリア・プランを考えることにより、主体的に仕事や職業能力開発に取り組もうとする意識を高めることができます。
・労働者が適性や職業能力などへの自己理解を深めることにより、工夫して仕事や能力開発に取り組もうとする意識を高めることができます。
・労働者がキャリアパス(社内での昇進に必要な仕事の経験や順序など)をイメージしやすくなり、仕事のやりがいや向上心を高めることができます。

2.新規採用職員などの定着の支援や、育児休業者などの復帰を円滑に行うことができます。
・新規採用職員などにキャリアコンサルティングを実施することにより、キャリア・プランを明確化・具体化し、職場への定着や仕事への意欲を高めることができます。
・育児休業者や介護休業者などにキャリアコンサルティングを実施することにより、職場復帰を円滑に行うことができます。

3.助成金により、セルフ・キャリアドック制度の導入やキャリアコンサルティングの実施に要する費用の負担を軽減することができます。

4.重点訓練コースの経費助成率が引き上げられます。
・重点訓練コースの経費助成率が、通常1/2から2/3(大企業は1/3から1/2)に引き上げられます。

5.①から③までにより、生産性を向上させることができます。

助成額

中小企業47.5万円