喀痰吸引等研修

基本研修・実地研修

・これまで介護職員ではできなかった喀痰吸引、経管栄養ができるようになれば、より迅速で細やかなサービスを利用者に提供できるようになります。また、これまでより幅広い利用者に対応できるようになり、介護職員としてのスキルアップに繋げることができます。
・講義・演習・実地研修で「痰吸引」「経管栄養」の知識、技術を学びます。現場で実際に使われる機材を使用した演習や、施設での実地研修により、実践的な技術を身につけることができます。

研修の概要

平成24年4月から、介護福祉士及び一定の研修を受けた介護職員等においては、医療や看護との連携により安全確保が図られていること等、一定の条件の下で「たんの吸引等」の行為を実施できることになりました。喀痰吸引等研修は、その法改正を受けて、施設や居宅において、たん吸引及び経管栄養を行える介護職員を養成するために、新しく制度化された研修です。

受講対象者

特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、グループホーム、有料老人ホーム等の介護関係施設、障がい者(児)施設等(医療施設を除く)、訪問系サービス等に勤務の介護職員等(介護福祉士を含む)で、全てのカリキュラムを受講できる方。

受講の流れ

資格取得には基本研修の修了後、実地研修での合格が必要となります。

【基本研修】
kihon

【実地研修】
jitti

基本研修カリキュラム

科目
時間数
総受講時間
67時間程度
人間と社会
1.5時間
保健医療制度とチーム医療
2時間
安全な療養生活
4時間
清潔保持と感染予防
2.5時間
健康状態の把握
3時間
高齢者及び障害児・者の喀痰吸引概論
11時間
高齢者及び障害児・者の喀痰吸引実施手順解説
8時間
高齢者及び障害児・者の経管栄養概論
10時間
高齢者及び障害児・者の経管栄養実施手順解説
8時間
筆記試験
1時間
演習
2日

受講料

【基本研修】110,000円(テキスト代、税込)

【実地研修】パンフレットにてご確認ください。

助成金活用、喀痰吸引等研修などのお問い合わせ

熊本研修センターでの開催

荒尾研修センターでの開催

熊本市北区での開催

八代での開催