福祉・医療に関する研修

現場でもっと活躍できるあなたに

現場経験が豊富な講師陣が、その日からすぐに実践できる専門的知識と技術を提供します。

介護福祉士実務者研修(通信)

dsc_1104より質の高い介護サービスを提供するために、実践的な知識と技術の習得を目的としています。
平成28年度(平成29年1月)の介護福祉士国家試験から、受験資格として実務経験3年に加えて、実務者研修の修了が義務づけられます。
(介護福祉士試験対策・直前集中講座はこちら

喀痰吸引等研修

dsc_1027介護福祉士法の改正により、一定条件下での介護職員等による喀痰吸引等が可能となりました。介護職員等が喀痰吸引等研修を受け、知識や技術を習得した上で、「たんの吸引」や「経管栄養」ができるようになる研修です。

医療的ケア教員講習会(指導者研修)

dsc_1041医療的ケア(喀痰吸引等研修)を担当する講師として、また介護職員等に指導する指導看護師になるための講習です。

同行援護従業者養成研修

dsc_7346一般課程と応用課程の2種類があり、一般課程は同行援護サービスを行っている訪問介護事業所などで従事するのに必要な資格、応用課程はサービス提供責任者として従事するのに必要な資格です。

行動援護従業者養成研修

dsc_7636行動援護(知的障害者や精神障害・発達障害で行動上困難があり、日常的に介護が必要な方への援護)に必要な知識・スキル習得をするための資格です。

福祉用具専門相談員指定講習会

dsc_7791介護保険の指定を受けた福祉用具貸与・販売事業所に2名以上の配置が義務付けられている資格で、他の介護保険サービスの専門職と連携しながら、高齢者の自立した生活を、福祉用具でサポートします。